糖尿病

糖尿病

誰もがかかる可能性があります。 かかる前に予防することがが最善の手です。

なんでも屋通販 > 糖尿病

糖尿病 初期症状

糖尿病は今や国民病とも言われ、患者数は900万人、予備軍といわれている人は1320万人、合わせると2200万人、なんと国民の約5人に1人がこの病に蝕まれているという計算になります。

初期症状として自覚できる痛みは無い為、治療が遅れ、気づいたときには手遅れということも多い疾患です。

人工透析、目の失明、足の切断、脳卒中、心筋梗塞・・・、進行が進んだ成れ果ては恐ろしいものです。

初期症状を上げるならば、

・のどがやたらと渇く
・頻尿
・だるい、疲れやすい
・尿や体から甘いにおいがする。
・傷の治りが悪い
・目がかすむ

などがあります。
しかし、これらは初期症状ではありません。
ある程度、症状が進んでから現れてくるものなのです。

ですから、定期健康診断の数値に注意し、数値に異常があればすぐにお医者さんに見てもらうことです。
そして何よりも、予防するという観点がとても重要となってくるのです。

糖尿病 合併症

糖尿病で恐ろしいのが、何と言っても合併症です。
合併症は体全体に様々な症状となって現れます。主なものを上げてみます。

・目の障害
 目の網膜が高血糖により障害を受けると治療が困難になり、失明にいたります。

・腎臓疾患
 糖尿により腎臓にダメージ受け腎不全になると、人工透析を受けなければならなくなります。
 治らない限り受け続けなければならないので悲惨です。
 
・神経障害
 手足に酸素や栄養がいかなくなり、神経も侵されます。
 すると手足が痺れるようになり、症状が進むと感覚がなくなり危険です。
 傷が治りにくく化膿しやすくなり、症状が進むとやがて腐っていき最悪切断しなけばならない場合もある恐ろしいものです。
 
・動脈硬化 心筋梗塞 脳卒中、脳梗塞
 これも糖尿病によって引き起こされる合併症です。
  
糖尿病の95%が、食生活・生活習慣から引き起こされると言われています。
何が体にとっていいのか悪いのかという正しい知識を持ち、日ごろから健康的な食生活、生活習慣を行っていくことが大切です。

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事療法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
  
  

糖尿病 トップへ戻る